島原半島の郷土史 2017年8月23日更新

故・轟龍造先生の書籍(番号はありません。ご注文は書名だけで結構です)

有馬晴信 キリシタン領国の証 北有馬町「日野江城跡の踏み石」 平成12年末に亡くなられました先生のワープロのFDに残っていた原稿。ご家族の方が発行にふみきられました。貴重な日野江城のフィールドワーク 3000
地域別・肥前戦国合戦記(佐賀・長崎県)上 佐賀県1  佐賀市 佐賀郡 三養基郡 鳥栖市 神埼郡を収録 1700
地域別・肥前戦国合戦記(佐賀・長崎県)中 佐賀県2 多久市 伊万里市 唐津市 東松浦郡 西松浦郡 鹿島市 藤津郡 武雄市 杵島郡 小城郡を収録 1500
改訂 葉隠の郷・深海(はがくれのさと・ふかのみ) 深堀家の隠居地であった深海村(現・北高来郡高来町)で起こった22名殉死事件を追う郷土史レポート 2000

(新刊書)

番号 題名 著者 出版社 出版年 価格
A-001 島原半島町村変遷史〔明治史料編〕 野村義文 出島文庫 平15 4800
A-003 マンガ島原の歴史 松尾卓次 −−−−−−−−−− 2000 1000
A-005 殉教者の道をゆく 古巣馨 島原カトリック教会自費出版 1998 800
A-014 復刻版 三會村物語 澁江芋麿 『三會村物語』復刻委員会 1993 1000
A-015 全国昔話資料集成  21島原半島昔話集 関敬吾編 岩崎美術社 1977 2310
A-018 西海の南蛮文化探訪「五足の靴」幻の長崎・要の島原編 鶴田文史 長崎文献社 2006 1890
A-019 噴火と闘った島原鉄道 葦書房編 葦書房 1998 1570
A-020 大災害! 鎌田慧 岩波書店 1995 1732
A-021 土石流(小説集) 大浦ふみ子 光陽出版社 1994 1575
A-022 普賢、鳴りやまず ヒゲ市長の防災実記763日 鐘ヶ江管一 集英社 1997 1320
A-023 そのとき何が 雲仙普賢岳噴火 住民の証言と記録 杉本伸一 −−−−−−−  2001 1000
A-024 よみがえれ、宝の海有明海・諫早湾〜不知火海・球磨川と漁民たち(岩波ブックレット) 諫早干潟・川辺川ダムから海を考える会 岩波書店 2001 462
A-025 詩集 火の山の記憶 内嶋善之助 葦書房 1994 1854
A-026 戯曲 沈黙する定点 内嶋善之助 −−−−−−− 2000 1000
A-029 山岳修験 第30号 特集:島原半島 日本山岳修験学会 −−−−−−−  2002 2940
A-031 島原文化 第7号 島原文化連盟 島原文化連盟 1999 800
A-032 島原文化 第8号 島原文化連盟 島原文化連盟 平13 800
A-033 島原文化 第9号 島原文化連盟 島原文化連盟 平15 800
A-034 ありあけの歴史と風土 第九号 ありあけの歴史と風土 第十号 平4 800
A-036 ありあけの歴史と風土 第十一号   有明の歴史を語る会 平5 800
A-037 ありあけの歴史と風土 第十二号   有明の歴史を語る会 平6 800
A-038 ありあけの歴史と風土 第十四号   有明の歴史を語る会 平7 800
A-039 ありあけの歴史と風土 第十五号   有明の歴史を語る会 平7 800
A-040 ありあけの歴史と風土 第十六号   有明の歴史を語る会 平8 800
A-041 ありあけの歴史と風土 第十七号   有明の歴史を語る会 平8 800
A-042 ありあけの歴史と風土 第十八号   有明の歴史を語る会 平9 800
A-043 ありあけの歴史と風土 第十九号   有明の歴史を語る会 平10 800
A-045 ありあけの歴史と風土 第二十一号   有明の歴史を語る会 平11 1000
A-046 ありあけの歴史と風土 第二十二号   有明の歴史を語る会 平11 1000
A-047 ありあけの歴史と風土 第二十三号   有明の歴史を語る会 平12 1000
A-048 ありあけの歴史と風土 第二十六号   有明の歴史を語る会 平13 1000
A-049 ありあけの歴史と風土 第二十七号 有明の歴史を語る会 平14 1000
A-050 ありあけの歴史と風土 第二十八号 有明の歴史を語る会 平14 1000
A-051 ありあけの歴史と風土 第三十四号 有明の歴史を語る会 平18 1000
A-056 嶽南風土記 第17号 有家町史談会 平22 1000
A-061 みずほ史談 創刊号   瑞穂町史談会 平6 700
A-062 みずほ史談 第3号   瑞穂町史談会 平8 1000
A-063 みずほ史談 第4号   瑞穂町史談会 平9 800
A-064 みずほ史談 第5号   瑞穂町史談会 平10 1000
A-065 みずほ史談 第6号   瑞穂町史談会 平12 1000
A-066 みずほ史談 第7号   瑞穂町史談会 平13 1000
A-067 みずほ史談 第8号 瑞穂町史談会 平14 800
A-068 ありえ史跡・遺跡写真集 麻本呂ば(まほろば)   有家町商工会婦人部 平7 2000
A-070 FUKUOKA STYLE Vol.16〔特集〕有明海大全 −−−−−−−−−−  星雲社 1996 1528
A-075 雲仙普賢岳大噴火 村山磐 東海大学出版会 1992 1365
A-076 有明海 自然・生物・観察ガイド 菅野徹 東海大学出版会 1994 1575
A-077 天地の怒り 思い出の記 川田為義 近代文芸社 1995 1019
A-078 諫早湾 ムツゴロウ騒動記 二十世紀最大の環境破壊 山下弘文 南方新社 1998 1680
A-079 島原半島の神社を訪ねて 林田秀晴 長崎出島文庫 平14 1800
A-084 長崎県の歴史散歩 長崎県高等学校教育研究会社会科部会 山川出版社 2001 910
A-085 よみがえれ!“宝の海”有明海 広松伝 藤原書店 2001 1575
A-086 復興の「教訓」 「普賢岳」からよみがえった10年 長崎新聞社・後藤惠之輔編著 小学館 2001 1680
A-087 火山 雲仙普賢岳がもたらしたもの 長崎大学「火山と災害」教育研究グループ 長崎出島文庫 平12 2000
A-088 河豚風土記 がんばぢゃんば 文・画近藤義昭 がんば総合企画 平11 1500
A-090 だれが干潟を守ったか-有明海に生きる漁民と生物- 山下弘文 農文協 1989 1500
A-092 普賢さんは怒っちょらす(写真集B5判) 梅崎良 夢工房 2000 2625
A-094 敗戦直後の祝祭日(回想の松尾隆) 蜷川譲 藤原書店 1998 2940

島原半島の郷土史(古書)

番 号 題名 著者 出版社 出版年 価格
D-01 北有馬町史 ふるさと再発見 北有馬町教育委員会編集 北有馬町 平5 3000
D-03 有明町史上下二冊揃い   有明町 平1 10000
D-04 吾妻町史(函少しヤケ・シミ等有) 吾妻町編集 吾妻町 昭58 5500
D-05 国見町郷土誌 国見町 国見町 昭59 4000
D-06 深江町郷土誌(函欠・赤線引きあり) 深江町 深江町 昭46 3000
D-07 布津町史   布津町 平10 6000
D-09 旧有田村庄屋石橋家記録 自承應元年辰年 至天保拾四年卯年(A4判126頁) 中村季彦訳・編 有家町教育委員会 平13 3000
D-10 島原の乱(函薄いヤケ有) 助野健太郎 東出版 昭42 1300
D-11 水野家島原記(翻刻本) 鶴田倉造解題 山崎信一自家版 1998 1800
D-12 合同歌集 普賢噴火の下で 溝口みどり編 島原合同短歌会 1994 1000
D-13 九州國立公園大観雲仙・阿蘇・霧島(12cm×21cm43頁写真集) 山ア○(均の下に金)一郎 大正写眞工芸所 昭14 2500
D-16 三會村物語(復刻版) 渋江芋麿編 三會村役場 平5 1000
D-17 河豚風土記がんばぢゃんば 近藤義昭 がんば総合企画 平11 800
D-19 広報しまばら 雲仙普賢岳噴火災害特集号 二冊揃い 長崎県島原市 長崎県島原市 '92/'94 6000
D-20 創立50周年記念誌 島原商工会議所 島原商工会議所 1990 5000
D-21 雲仙の歴史 長崎県編集 長崎県 昭59 1300
D-25 島原の有力企業 '81就職ガイドブック −−−−−−−  島原市・職安・商工会議所他 1981 1000
D-26 島原市家づくりガイドブック −−−−−−−  島原市 昭63 1000
D-27 言いたか放題 宮崎康平 講談社 昭56 1000
D-28 まぼろしの邪馬台国 宮崎康平 講談社 昭42 1300
D-30 騒乱に散る「秘話・余話」 野村義文 出島文庫 平15 800
D-35 夏目漱石 小泉八雲の西海路探訪(著者献呈書きあり) 鶴田文史 熊本日日新聞情報文化センター 1997 2000
D-38 島原半島方言の研究(復刻版) 島原第一尋常高等小学校編 国書刊行会 (原本昭7)昭58 3500
D-40 被災地の叫び 限定版・一般書店では販売されませんでした。定価23000円の写真集 九州図書刊行会 平6 8000
D-41 市勢要覧(1970年) 島原市役所 −−−−−−   昭46 1200
D-43 サンダカン八番娼館底辺女性史序章(本体に黄ばみ、カバーにヤケ・シミなど) 山崎朋子 筑摩書房 昭49 500
D-44 郷土讀本杜城の花(表紙ヤケ、シミ。ほころびあり) 林銑吉編 林銑吉発行 昭5 5000
D-45 切腹(鈴木重成をモデルにした小説) 黒瀬f次郎 致知出版社 平8 1000
D-46 百年の歩み 島原市立第五小学校創立百周年記念事業実行委員会 −−−−−−  昭57 1500
D-47 対山語(函・カバー無し) 清水辰一 −−−−−−− 昭50 1000
D-48 対談・熱球交友録「勝つということ」 仰木彬・鐘ヶ江管一 集英社 1997 1000
D-49 普賢、鳴りやまず 鐘ヶ江管一 集英社 1993 700
D-51 有明町の民俗 有明町教育委員会編集 有明町 平9 2000
D-52 島原の歴史(自治制編)(著者献呈書き有) 入江壻 島原市役所 昭51 2000
D-53 島原の歴史(自治制編)(函の背にヤケと水濡れのシミ有) 入江壻 島原市役所 昭51 1800
D-54 島原の歴史(藩政編)(特装版) 入江壻 島原市役所 昭47 4500
D-55 島原の歴史(藩政編) 入江壻 島原市役所  昭47 4000
D-57 猛島神社(A4判65頁) −−−−−−−−−  猛島神社社務所 昭51 4000
D-59 火の山の記憶 内嶋善之助 葦書房 1994 900
D-60 「樹木」34号 県立島原高校文芸部文学班 県立島原高校文芸部文学班 昭39 1000
D-61 広報しまばら1,2(雲仙普賢岳噴火災害特集号) 島原市役所 −−−−−−   平4・6 2冊揃い4000
D-62 「有明」有明町町制施行30周年記念誌 有明町企画室 −−−−−−   平3 1000
D-64 平成島原大変雲仙普賢岳災害記録集(本体のみA4判431頁) 島原市企画課編 長崎県島原市 平15 3000
D-65 島原の今と昔1990島原市制施行50周年 島原市市長公室 島原市 平2 2000
D-67 写真記録集 鳴動普賢岳 −−−−−−−−−−  長崎新聞社 1991 1500
D-68 謎の画人 月雪香 伊東豪健 長崎出島文庫 平12 1000
D-69 ありあけの歴史と風土 第16号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平8 800
D-70 夫31歳カメラマンなぜ雲仙で死んだの 矢内真由美 K・K・ベストセラーズ 1991 1500
D-72 雲仙火山地形・地質と火山現象 太田一也 長崎県 昭59 1500
D-75 雲仙普賢岳全記録   毎日新聞社 1992 1800
D-78 市勢要覧 ’64「島原」   島原市 1964 1500
D-79 80年のあゆみ 長崎県立島原高等学校   昭55 1500
D-80 寺沢藩士による天草一揆書上 寺沢光世・鶴田倉造校注 苓北町 平12 4500
D-81 みづほ史談 第4号 瑞穂町史談会 瑞穂町史談会 平9 500
D-82 郷土読本 杜城の花(復刻本) 林銑吉 国書刊行会 昭55 2000
D-83 たいへん 島原大変二百回忌記念誌 島原市仏教会 島原市仏教会 1992 8000
D-84 墨是可新話日本人初のメキシコ漂流記(函ヤケ) 入江壻 現代出版社 昭44 1800
D-86 嶽南風土記 第8号 有家町史談会 有家町史談会 平13 500
D-87 嶽南風土記 有家史談 第4号 有家町史談会 有家町史談会 平8 500
D-88 災害と人間 普賢岳・深江町からの報告(A4判写真集) 石川文洋 創和出版 1994 1800
D-89 島原大秘録 全3巻揃い(小説です)  生田蝶介 未知谷 1996 3600
D-90 雲仙噴火の日々 小林松太郎 葦書房 平4 800
D-91 しまばら情報 創刊号 −−−−−−−−−  2・5・1企画 昭54 1000
D-95 雲仙温泉調査報告書(B5判44頁) −−−−−−−−− 長崎県衛生部 昭37 1800
D-96 ありあけの歴史と風土 第2号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 昭63 800
D-97 ありあけの歴史と風土 第3号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平1 800
D-98 ありあけの歴史と風土 第4号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平1 800
D-99 ありあけの歴史と風土 第5号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平2 800
D-100 ありあけの歴史と風土 第6号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平2 800
D-101 ありあけの歴史と風土 第18号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平9 800
D-102 ありあけの歴史と風土 第20号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平10 800
D-103 ありあけの歴史と風土 第22号 −−−−−−−−−− 有明の歴史を語る会 平11 800
D-104 ありあけの歴史と風土 第27号 −−−−−−−−−−  有明の歴史を語る会 平14 800
D-105 ありあけの歴史と風土 第31号 −−−−−−−−−−  有明の歴史を語る会 平16 800
D-107 九州文学(昭和55年5月号)宮崎康平追悼 −−−−−−−−−−−− 九州文学社 昭55 1000
D-108 島原新港開発に関する経済調査(B5判107頁、カバー少ヤケ) 河地貫一、市川信愛 長崎県発行 昭44 1500
D-109 島原・天草の乱信仰に生きたキリシタンの戦い 煎本増夫 新人物往来社 2010 1800
D-110 島原一揆(島原ノ乱) 渋江鉄郎 昭和堂印刷 昭51 800
D-111 雲仙火山災害の調査研究 第3版(A4判数頁本の下部小水濡れ跡有) −−−−−−−−−−  雲仙火山災害長崎大学調査研究グループ 平6 1500
D-112 雲仙火山災害の社会経済的研究(A4判124頁) −−−−−−−−−−  雲仙火山災害長崎大学社会経済研究グループ 平6 2500
D-117 島原の乱 助野健太郎 東出版 昭42 2000
D-118 原城と島原の乱有馬の城・外交・祈り 服部英雄ほか編 新人物往来社 2008 1800
D-119 島原風土記 第2巻(裏表紙の下部角2cmほど破れて欠) 吉田安弘編 島原歴史懇話会 昭60 1500
D-120 島原風土記 第3巻 追想・宮崎康平 吉江冬一郎編 島原歴史懇話会 昭61 1500
D-123 雲仙・普賢岳大噴火寛政と平成の記録(カバーの背ヤケ) 村山磐 東海大学出版会 1992 1000
D-126 島原文化 復刊第1号 −−−−−−−−−  島原文化連盟 昭55 1000
D-129 嶽南風土記第9号(奥付部分破り取られて欠、裏表紙下角2cmほど欠) 有家町史談会 有家町史談会 平13 500
inserted by FC2 system